【伊豆半島 地磯 根魚】念願の尺メバル(2020年6月20日)

根魚
スポンサーリンク

土曜日ということもあり、いつもの磯は人がいっぱいでポイントに入れそうにないので、磯から磯へとランガン出来るポイントへ移動、山道を歩くことにしました。道すがら反対側から来た釣り人にこの先には入る場所がないと言われてしまいましたが、狙う魚や釣り方が違えば必ずしもその限りではないだろうと考え先へ進みます。何事も先入観は禁物です。

比較的キャパが大きい磯に着くと確かにどこも人がいっぱい。辛うじて磯の付け根近くに入ることが出来ました。対岸に見える磯の近くではサラシも出来ており、意外にもヒラスズキにはいいポイントなのではないかと期待が膨らみます。

早々に準備をしてヒラスズキ狙いのパイロットルアー、ロウディー130Fをサラシの向こう側へキャスト。

スローリトリーブで引いてきますがアタリません。三投目に着水と同時にジャークをさせるとジャーク後のステイと同時にガツンと強いアタリが来ました。

トルクのある強い引きに潮の速さも手伝ってかドラグ音が鳴りラインが出されます。サラシで食って来たこともありこれは本命のヒラスズキと確信。

あまり釣り易い釣り座ではないのでドラグを締めてロッドを立てる。ロッドがギューンと絞り込まれるのに耐えてリールを巻くを繰り返します。

浮いて来た魚体を見ると、「ん?赤いな」アカハタの自己記録更新かと思ったら尺メバルでした。尺メバルともなるとロッドから伝わる重量はかなりのものですが、なんとか抜き上げる。見事な体高の31cmの尺メバルでした。

尺メバルともなると13cmのビッグミノーに食いついて来るんですね。驚きました。

狙っていたヒラスズキではありませんでしたが、もう何年も前に海のルアー釣りを始めた切っ掛けは尺メバルを釣りたいが為だったので嬉しい1匹。
サラシからビッグミノーに食いついて来たからファイト中は本命のヒラスズキだとばかり思っていました。

家に持ち帰って捌いて見ると1cmぐらいの小さなカニが出て来ました。明らかにマッチザベイトではないので、ジャークによってリアクションバイトを誘発出来た、釣れたいうより釣ったという感覚が持てる楽しい釣果でした。

タックルデータ

根魚
スポンサーリンク
スポンサーリンク
izu-fishingをフォローする
スポンサーリンク
伊豆のルアーフィッシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました