【伊豆半島 地磯 根魚】スイッチヒッター65Sで尺メバル30cm (2021年5月29日)

根魚
スポンサーリンク
スポンサーリンク

釣行データ

  • 2021年5月29日
  • 晴れ、中潮
  • 気温: 20度
  • 風速: 南西5m
  • 水温: 18度

土曜日の朝マズメということもあり、ホームの磯の最寄り駐車場には先行者の車が多数、入れない可能性が高いため、一旦スルーして2番手のポイントに向かう。

ポイントに着いて海の状況を確認するとかなり波が高い。過去の実績ポイントをサラッと撃って反応得られず。裂空をロストし意気消沈、波が高く危険と判断しホームの磯へ移動。

磯へ着いてみると意外にも先行者は1組のみ。

ここも同様に波が高いため、波を被らない高いポイントに入ることにする。

荒れているだけありサラシの状態は抜群に良い。これは数釣り出来るかも知れないという期待の下、パイロットルアーはサスケ120裂波、カラーはキャンディ。普通にサラシがある時はサスケから始めることが多い。

立ち位置から過去の実績ポイントをいくつか撃つことが出来る。

今日は荒れているので前に出られず、理想的なコースを通せるわけではないこともあるが、過去の実績ポイントのどこを通してもヒラスズキ出ない。

ルアーサイズを落としカゲロウ100Fに変更し、同じコースを通すがやはりヒラスズキからの反応は得られず。

雰囲気は抜群だけど今日はヒラスズキは居ないか、もしくは居ても食い気がないかだろうと諦めて、他の魚を狙うことに。

ルアーをシンペンのスイッチヒッター65Sに変更して、磯際から沖へ伸びる払い出しの先へキャスト。この払い出しからは過去にヒラスズキ、メバル、メジナを釣っておりいずれも良型。

払い出しまでリトリーブしてからドリフトさせる。流れに乗ったところで放置するといい感じにドリフト状態を維持している。

しばらく流しているとグンッとアタリが来た。

ヒラスズキにしては小気味良い引き。メバルかメジナか。

難なく寄せて抜き上げると金色に輝く魚体からメバルと判明。やはりサイズが良い。

計測するとジャスト30cm。尺メバルというべきか泣き尺というべきか。

目当てのヒラスズキは釣れなかったものの、久々に釣れた美味しいゲスト。しかもシンペンのドリフトで釣れるなんて理想的で嬉しい限り。

日毎に気温、水温ともに上がって来ているが、ヒラスズキはいつまで釣れてくれるかな。

タックルデータ


根魚
スポンサーリンク
スポンサーリンク
izu-fishingをフォローする
スポンサーリンク
伊豆のルアーフィッシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました