ヒラスズキのマイクロベイトパターンを攻略する

ヒラスズキ
スポンサーリンク

ヒラスズキのマイクロベイトパターンを攻略する効果的な方法を紹介します。

スポンサーリンク

冬のヒラスズキはマイクロベイトパターン

11月に入って本格的に伊豆のヒラスズキのシーズンが始まりました。

このぐらいの時期から冬の間、伊豆半島でメインのベイトとなるのはキビナゴです。

良いポイントでは文字通り湧くほどキビナゴがシャローに溜まり、それらを食べるためにヒラスズキもシャローに差してきます。

この時期のキビナゴといえば大きさは3cm程度で、所謂マイクロベイトパターンになり、スピンテールジグやワームなどの小さなルアーを使うことが一般的で、苦手な人も多いんじゃないでしょうか。

スピンテールジグはヒラスズキを釣るにはフックサイズが小さいことが多く、またワームはジグヘッドなどシングルフックが多く、ただでさえバレやすいヒラスズキにはあまり使いたくないのが正直なところ。

しかし僕はこのマイクロベイトパターンを得意としており、更にはスピンテールジグもワームも使わず、ミノーでヒラスズキを釣っています。

マイクロベイトパターンのルアーはサイズとカラーで選ぶ

ヒラスズキのマイクロベイトパターンで僕が使うメインとなるミノーは幾つかありますが、共通する特徴として挙げられるのは、物理的にサイズが小さいミノーか、サイズが小さく見えるクリア系かレッドヘッドのカラーを選択します。

例を挙げると、前者ではカゲロウ100F、スウィングウォブラー85Sなど10cm以下のルアー、後者はサスケ120裂波のレッドヘッド、X80マグナムやブローウィン125Fのクリア系のカラーなどです。

サスケやX80マグナム、ブローウィンはカゲロウと比べるとサイズが大きめになりますが、朝マズメの光量が低い時間帯や荒れた日などであれば、カゲロウより有効的なことも多くあります。

マイクロベイトパターンのアクション

マイクロベイトは文字通り小さなベイトなので、ベイトが出す波動も弱々しいものになります。

ではそのような弱々しい波動をどのようにルアーのアクションとして表現するかと言うと、デッドスローでのリトリーブ、或いはステイがポイントとなります。

カゲロウのアクションはそもそもが弱めのローリングなのでマイクロベイトパターンに対してはとても効果的なんですね。

マイクロベイトパターンのルアーのカラー

カゲロウであれば、クリアカラーとホログラムを併せ持つナミノハナ、レッドヘッド且つ水馴染みが良いカラーのグアニウムファントムのレッドヘッド。

サスケやX80マグナム、ブローウィンであれば、レッドヘッドやチャートイワシ、ピンクイワシ、ピンクチャートクリアなどが高い実績があります。

クリア系が小さく見えるのは分かりやすいことだと思いますが、レッドヘッドがなぜ有効なのかというと、レッドヘッドはヘッド部分の赤色が暗い時間帯では魚から見にくい色であることからサイズを小さく見せることが出来るんですね。

サイズを小さく見せつつも波動は12cmサイズのルアーのものになるので、朝マズメや荒れた日などのアピールに効果的です。

ヒラスズキのマイクロベイトパターンをミノーで攻略してみてください。

ヒラスズキ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
izu-fishingをフォローする
スポンサーリンク
伊豆のルアーフィッシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました