おすすめヒラスズキロッド – Gクラフト セブンセンス ウネリスペシャル (MS-1102-TR)のインプレ

タックル
スポンサーリンク

磯のヒラスズキ釣りに愛用しているロッド、Gクラフトのセブンセンス ウネリスペシャル MS-1102-TRのインプレをご紹介します。ヒラスズキ用のロッドを探している方、Gクラフトのロッドが気になっている方の参考になれば幸いです。

僕はこのロッドを使用して、伊豆の地磯をメインフィールドとして、主にヒラスズキ釣り、ヒラスズキが釣れない時には根魚、青物釣りを楽しんでいます。

スポンサーリンク

Gクラフト セブンセンス ウネリスペシャル (MS-1102-TR)のスペック

  • 長さ: 11フィート
  • 重さ: 192g
  • 適合ルアー重量: Max45g
  • 適合ライン: MaxPE2号、ベスト1.5号

長さ

ヒラスズキロッドとしてはスタンダードな11フィートと、ピン撃ちもロングキャストもしやすく、磯では使うには非常に汎用性が高い長さになります。

実際に僕の場合、足元から数メートル先のスリットへのピッチングから、数十メートル先の沖の潮目や、サラシから沖へと伸びる払い出しの先へのロングキャストまで難なくこなします。

重さ

11フィートで192gという重さは随分と軽い部類に入ると思います。持ち歩く時の負担が減るだけでなく、キャストやリーリングの際の持ち重り感もなく快適に釣りが出来ます。

ヒラスズキ釣りでは、ヒラスズキを求めてポイント移動を繰り返すランガンが当たり前になっていますが、ロッドが軽いことにより体力的な負担が軽減されます。

ロッドの重量が軽いことにより、感度が上がる点も大きなメリットです。

適合ルアー重量

スペック上のMaxが45gなので、重いルアーとして青物用のダイビングペンシルやメタルジグを投げることがあります。

このロッドでメタルジグを投げる機会は多くありませんが、ヒラスズキが釣れない時に青物を狙う場合に投げることがあります。まだ40gまでしか投げていませんが、ペンデュラムキャストでロッド破損の不安を感じることなく投げられます。

一方どれぐらい軽いルアーが投げられるかというと、10g程度のシンペンやミノーは快適に扱えます。事実、僕のメインルアーであるカゲロウ100Fは12gのルアーですが、安定して飛びますし多くの釣果も得られています。

カゲロウ100Fで釣ったヒラスズキ

ヒラスズキ釣りに最も一般的なルアー、サスケ120裂波が使いやすいのは言うまでもありません。

ダイビングペンシル、ラピードF130も30gなので使いやすいです。

ラピードF130で釣った鯖

適合ライン

ベストはPE1.5号のようですが、通っているフィールドでは根擦れの心配があること、青物も釣れることからメインラインは2号を使用しています。リーダーは8号、35ポンドです。

Gクラフト セブンセンス ウネリスペシャル (MS-1102-TR)の特徴

GクラフトのTRシリーズの特徴として、リールシートの仕上げとフォアグリップの形状が挙げられます。

リールシートはカーボン製になっており感度が抜群に良くなっています。

カーボン製のリールシート

他の特徴として、フォアグリップが先細りなっています。

先細りのフォアグリップ

このテーパーされたフォアグリップの形状の理由が知りたくなりGクラフトに問い合わせたところ、デザイン的な見た目を追ったものではなく、機能を追求した結果の産物となっているそうです。

以下は回答の引用ですが、簡単に言うと、グリップが薄くなることで、キャスト時にラインがグリップへ干渉することを軽減させる、感度が上がる、軽量化が図れるということのようです。

(1)先細りの形状にすることにより、ライン放出時のライン干渉を低減する。

モスシリーズは特に海象が荒れた時に使用するロッドですので向い風や横風等により、放出ラインに風圧による抵抗が掛かるとスプール直近の螺旋形状ライン放出最大径が大きくなる傾向にあり、ストレートや先太り形状の場合、フォアグリップ先端部に接触して飛距離がさらに低下するうえ、接触により形状が変形する場合がございますので、ラインの接触を回避する形状を採用しております。

(2)最大限感度を保持する。

フォアグリップはファイト時を想定し、弊社、他社含め以前から当たり前のように存在しておりますが、本来であればEVAやコルク等は衝撃緩衝材の特性も併せ持ちます。

そのため、ロッドから伝わる振動をフォアグリップが打ち消す効果も持っており、その効果を抑制しつつ、フォアグリップ本来の機能も保持するため先細りで最小限の外径形状に繋がる円錐形状を採用し、先端部は出来るだけ段差を無くしてコーティングとスムーズに接触する形状を採用しております。

(3)可能な限りの軽量化。

弊社採用のフォアグリップ材はEVAを採用しておりますが、EVAは加工性に優れた素材ではありますが、エチレン酢酸ビニルですので、硬度を上げると重量が増します。高硬度EVAを搭載しておりますので、上記2点を考慮したうえで機能を損なわず、合理的に軽量化を行え、機能的であるという判断で採用しております。

尚、先細り形状が原因と思われる破損・剥離をしたという報告は現時点で1件もございませんので耐久性に関しましては安心してご使用いただけるかと思われます。

Gクラフト開発担当からのメール返信

僕はこの回答を受け納得し、直後にロッドを注文しました。

キャストフィール

Gクラフト セブンセンス ウネリスペシャル (MS-1102-TR)のキャストフィールを一言で表すと、ルアーのキャストがとても楽しい「柔」のロッドです。

キャスト前はパリッとしているのにキャスト時は柔軟に曲がり、ルアーがビューンと飛んで行きます。そしてただ飛ぶだけではなくコントロール性能が抜群に高く、自分が釣りが上手くなったような気にさせてくれます。

ヒラスズキ釣りではルアーを通すコースがシビアなこともあり、キャスト精度が求められますが、この点においてこのロッドは十分にサポートしてくれます。

TRかSRか

ガイドにトルザイトリングを使用していないSRのモデルはTRより更に柔らかいモデルになっているので、TRの柔らかさがちょうど良いと感じている自分には合わないと感じています。

ここは通うポイントや好みの問題にもなると思いますが、自分のキャストにどれだけ自信があるかによって選ぶのも一つの考え方だと思います。

キャストに自信があるのであればTRを、自信がなく、よりキャストし易いモデルが好みであればSRを選択するというのも一つの考え方です。

僕は自分のキャストに自信がありませんでしたが、このロッドを使うことでキャストが上手くなりましたので結果オーライでした。

またSRはリールシートがカーボン製ではないのでTRより感度において劣ります。

さらに強いロッドが好みの場合は北西スペシャルがおすすめ。

ロッドの感度

先に述べたカーボン製のリールシートやフォアグリップの恩恵もあり、感度は抜群に良いです。

ヒラスズキ釣りは豪快なイメージがあり、感度は二の次と言われる向きもありますが、それは掛けた後の話。

ヒラスズキがヒットする前の段階では、ルアーを通してルアーの水噛みや水流を把握する必要があり、その理解を最大限にサポートするのはロッドの感度やリーリングの軽快さです。これが理解出来る出来ないで釣果に大きな違いが生まれます。

ヒラスズキを掛けた後のフィーリング

全体的に張りが強くパリッとしたロッドではあるものの、ヒラスズキがヒットすると柔軟に曲がります。

掛けてもバレやすいヒラスズキ釣りでは、掛けた後のロッドの柔軟性がモノを言います。

ロッドが曲がることでヒラスズキへのプレッシャーを掛けつつも、暴れるヒラスズキの動きにティップからベリーが追従してバレを最大限に防いでくれます。

ランディングでは70cm程度のヒラスズキであれば波の力を利用したずり上げで難なくキャッチ出来ています。

ヒラスズキとのファイト

ロッドのパワー

僕が通うような平磯でヒラスズキを釣るには申し分ないパワーを持ちます。一方、柔軟に曲がるロッドですので、いわゆる九州系のヒラスズキロッドとの比較ではパワーに於いて劣ります。取り込みにおいては、高い足場からの抜き上げは苦手です。このような場所では一度に抜き上げず、段階を踏んで上げることを推奨します。

ランディング時のパワー面に於いてネガティブな一面も記載しましたが、総じてヒラスズキを釣るには非常に優れたロッドだと実感していて、今後もしロッドを破損することがあれば、迷うことなく同じロッドを買い直すと言い切れます。それぐらい気に入って使っています。

Gクラフト セブンセンス ウネリスペシャル(MS-1102-TR)でエキサイティングなヒラスズキ釣りを楽しんでください!

釣果の抜粋

Gクラフト セブンセンス ウネリスペシャル (MS-1102-TR)で釣った魚の抜粋です。ヒラスズキ以外にもメジナやメバルなどを釣っています。

タックルヒラスズキ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
izu-fishingをフォローする
スポンサーリンク
伊豆のルアーフィッシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました