【伊豆半島 地磯 ヒラスズキ】カゲロウ100Fでランカーヒラスズキ 81cm(2021年12月28日)

ヒラスズキ
スポンサーリンク

伊豆の地磯からヒラスズキのランカーサイズを釣ることが出来た。念願叶ってようやく今年の目標の一つを達成。

ランカーらしきサイズをヒットさせる機会はこれまでもあったが釣り上げるには至らずだった。2021年の釣りもそろそろ終わりかという年の瀬に漸く、初のランカーヒラスズキを釣ることが出来た。

スポンサーリンク

釣行データ

  • 2021年12月28日
  • 晴れ、長潮
  • 気温: 5度
  • 風速: 西4.4m
  • 波高: 0.8m

今月お店をオープンし、その疲れか、はたまた気温の低下で純粋に寒いからか、釣りに対するモチベーションが低下して釣行回数が減っている。

潮はというとこれまでいい思いをしたことがない長潮で、潮汐表からも分かる通り、潮の動きも決して良くはない時間帯、そんな中久々にヒラスズキを狙いに行ってみようと考えたのは、夜中に強風が吹き朝マズメには微風になる予報だったから。

夜半の強風でヒラスズキが接岸し、朝には風が収まり釣り易くなっているだろうと期待した。

日の出前とはいえ東の空が少し明るくなる時間に1箇所目のポイントへ到着。夏の釣りと違って朝マズメの時間帯が遅くなり睡眠不足にならないのが冬の釣りの良いところ。

さて、ポイントに到着して現場を見渡すと波はなくベタ凪と言って良いほど。昨夜の風はサラシを呼んではくれなかった。

潮位も思ったより低く釣りにならないと判断して2番目のポイントへ移動することに。

ヒラスズキは潮位が低い方が良いというのが一般的だが全てのポイントに当てはまるかというと決してそんなことはなく、やはりそれはポイント次第になる。

2番目のポイントはというと、遅い時間に着いた割にはポイントは貸し切り。ここは潮位が高くても低くても実績がある。

セオリー通り手前のポイントから順に撃っていくが反応得られずメインのポイントへと移動した。

ヒットルアーはエースのカゲロウ100F

波待ちが必要なほどのベタ凪なのでルアーはサイズを落としてカゲロウ100F、カラーはこの時期の定番ナミノハナをチョイス。キビナゴやナミノハナといったマイクロベイトに滅法強く、この時期はこれさえあればヒラスズキが釣れる、もしくはこれを投げて釣れなければそこにヒラスズキはいないと言って良いほど信頼している御守り的なルアーとカラーの組み合わせ。

ここでもやはり足元から拾って行く。足元から攻め、徐々にキャスト範囲を広げることでポイントを荒らさず広範囲を効率的に探って行くことが出来る。

しかし結局足元では釣れず、波待ちをした後、少し先の磯の先端に向けてキャストすることにした。

とにかくサラシが薄いので狙い目は目に見えるストラクチャー。岩に上がった寄せ波が再び海へと流れ込むポイントを狙う。流れ込みにルアーを流し漂わせる得意な釣り方。

サミングをして最高のポイントに最高のタイミングで着水。水平浮きのカゲロウ100Fは、サミングをすることで着水と同時に綺麗に泳ぎ出してくれるので怪しまれずナチュラルに誘うことが出来る。リア下がりのルアーではそうはいかない。

まずはノーマルリトリーブでダイブさせ、引き波に漂わせるためにラインスラックに少し余裕を持たせる。

1.5秒に一回転ぐらいのデッドスローで磯際をトレースし、引き波の流れを感じるポイントでステイさせると、「ドンッ」とバイトが来た。直後に激しいエラ洗いをするが、ほぼ水中でのエラ洗い。全身は見えないものの見えた姿はクエかと思うほどの太さと重量感。これまで釣ってきたヒラスズキとは明らかに異次元のサイズだ。

ドラグを活かし無理のないファイトを心掛ける。

ベタ凪ということもあり波の力がなく意外に手前に寄せるまでは苦労はなかった。しかし寄せたところで足元の根に突っ込まれてしまいスタックしてしまった。

腕とロッドを前方に伸ばし根から遠ざけようとするが状況は改善せず、根に擦れるリーダーからキュルキュルと音が聞こえる。こうなるとドラグ調整ではどうにもならず、このままファイトを続けてもラインブレイクすることは目に見えている。仕方なく最終手段としてベールを返すこと2回。

ベールを返すとテンションが抜けてバレることが多いが、なんとかバラさずやり過ごせた。出来ればベールを返すような状況に陥らないようにした方が良いのは言うまでもない。

幸運にも少し強めの波が来たので、思い切ってずり上げを試みたがあまりにも重く上がりきらず。それでもなんとか上陸させた頭部はヒラスズキと思えない大きさで一瞬大型のヒラマサかと勘違いしたほど。

最後は磯際に降りてリーダーを掴みハンドランディングで無事にキャッチ。波が無いのが功を奏した。

磯際に降りてのハンドランディングは波があればとても危険な行為。しかし今回はベタ凪だったこともあり危険はないと判断。そしてロッドのパワーではずり上げは難しく、ハンドランディングでなければ引き上げることが出来なかったと考えている。

以前ブローウィン140Sでランカークラスをヒットさせたことがあったが、その少し前にワラサを釣った時の抜き上げによるロッド破損が頭をよぎり、抜き上げを躊躇した結果バラしてしまったことがある。今回はその反省を活かし、後悔の無いようにと思い切ることが出来た。

波が穏やかで状況が把握しやすいこともあり、ランカー相手でも意外にも冷静に対処できたことも幸運だった。

ランディングスキルに自信が付いたことは言うまでもない。

ボガグリップでヒラスズキを掴むとこれまで感じたことがないずっしりと来る重さに自然と笑みが溢れる。

計測すると81cm超えのランカー、重さはボガグリップの計測で13.5ポンドと6kgオーバー。

居合わせた方に記念のブツ持ち自撮りを撮っていただいた。普段は自撮りはしないので少し気恥ずかしく掲載は見送ったが、個人的には良い記念になった。

ヒラスズキもランカーサイズになると、その見た目はまるで古代魚のピラルクのよう。ヒットしてからクエ→ヒラマサ→ピラルクと印象が変わったのもおもしろい。

ランカーヒラスズキはリリース

リカバリーに少し時間を要してしまったが、無事に回復し元気に海へと帰っていった。ヒラスズキがランカーサイズになるまでに何年かかることか。また大型個体は大きくなるDNAを持っていると考えられるため可能な限りリリースを心掛けたい。

フックはフロントとリアどちらもフッキングしていたが、フロントの2本が伸びかかっていた。フロントフックは前回の釣行で折れてしまったため、信頼しているSTX-45znに交換していたが、強いフックに変えておいたこともランカーが獲れた要因の1つかも知れない。色々とラッキーが重なった。

今年の目標の1つが地磯からランカーヒラスズキを釣ることだったが年内最後の最後に達成することができた。なんとも形容し難い嬉しさを実感するが、正直初めてヒラスズキを釣った時ほどの感動ではなかった。

ランカーだからと言って特別なことをしたから釣れた訳ではなく、いつもと同じことをいつもと同じように繰り返しただけで、そこにいくつか幸運な要因が重なった。自分の釣り方が間違っていないこと、いつも通りの釣りをすることが大切だということを実感した。

そして愛用しているヒラスズキロッド、Gクラフト モス セブンセンス ウネリスペシャルは、柔軟でバラしにくく、そしてランカーヒラスズキを獲ることも出来る最高のロッド。再びロッドを破損することがあったとしても、また同じロッドを手にしたいと思う。

タックルデータ

ヒラスズキ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
izu-fishingをフォローする
スポンサーリンク
伊豆のルアーフィッシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました