【伊豆半島 地磯 青物】ショアジギング。大物イナダをキャッチ(2020年6月29日)

青物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

狙うは青物。ポイントは貸し切り!

今日もいつもの磯へ青物狙いに。今日は貸し切りらしく無事に青物のポジションへ入れました。

今朝は潮位が高め、時折跳ね上げられた潮の飛沫が足元に飛んでくるので注意が必要な海況です。

最近近くの堤防でよく青物が釣れていると聞いたパームスのジグミノー、ギグをキャスト。28gあるのでなかなかの飛距離。

朝マズメということもあり、活性の高い魚の誘い出しを兼ねてスキッピングでトップから探っていきますが反応がありません。

狙いを中層、ボトムへと下げて行き、ボトムからのワンピッチジャークでボトム付近でガツンと強いアタリ。これはいい手応え。

先日の尺メバルより明らかに強い引き。ロッドが今まで見たことがないぐらいに大きく曲げられています。勢いよく突っ走りなかなか寄せられません。これまでなら頭をこちらに向けさせるのは簡単だったのですが、今日の相手は勝手が違うようで沖へ沖へと突っ走って行きます。

瀬に擦れて痛恨のバラシ

ロッドを立てては巻き、なんとか近くまで寄せて来ましたがまだまだパワーがあるようで走ります。

抜き上げる場所を迷っているうちに足元に張り出している根に潜られてしまいました。岩に擦れるPEラインの音が高く響きます。

このままではラインが切れてしまうとドラグを緩めましたが、時すでに遅し、ラインブレイクしてしまいました。

逃した魚は大きいとは正にこのことだと落胆しますが、同時に青物の強い引きに興奮が収まりません。

メタルジグに再び強いアタリ

時合いを逃さないうちにメタルジグに替えて再度同じポイントを目掛けてキャスト。ルアーはSビットのゼブラグロー。

ボトムまで沈めた後ワンピッチジャークをするとボトム付近で先程と同じようなアタリ。どうやら群れが入って来ている様子。

一度バラしており同じ轍は踏みたくない。今度は手前の根に潜られないようランディングがし易いワンドに誘導します。切り立った足場のため足場が悪く左手一本でロッドを持ち引きに耐えます。ドラグを生かし引き波に耐え、押し寄せる波に合わせての巻き上げを繰り返す。

丸々と太って厚みがある51cmのイナダをキャッチ

ようやく浮かび上がった姿を見ると大きさに気持ちがはやります。間違いなく自分が今まで釣り上げた中で一番の大きさ。イナダかワラサか?

寄せる波に合わせて抜き上げようと思いましたが、重さとタイミングが合わないのとで上手く行きません。2回目でなんとか抜き上げ成功しホッと一息。

丸々と太ったイナダ51cm。

1匹目をバラしたとはいえ、短時間に青物2匹との強烈なファイトは出来過ぎの釣果。

青物の引きはクセになりますね。今のタックルのバリスティック ヒラ11MHはヒラスズキ、青物兼用になるからと買ったロッドですが、青物専用のロッドが欲しくなりそうです。

タックルデータ

青物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
izu-fishingをフォローする
スポンサーリンク
伊豆のルアーフィッシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました